七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

「お絵描きあそび」や「俳句あそび」で自由に気持ちを表わしてみよう【七田式親子あそび】

10月9日は「世界郵便デー」です。1874年、世界を一つの郵便地域にすることを目的に、加盟国間の郵便業務を調整する国際機関として、スイスで万国郵便連合 (UPU) が結成されたことに由来しています。スマホやPCでのメールが主流になった現代は手紙のやりとりも減っており、郵便を利用して「手紙を出す」という経験をしたことのない子どもが多いのではないでしょうか?「世界郵便デー」にちなみ、この機会に子どもと手紙を書いて届け合う郵便ごっこや、実際にポストに投函する郵便体験などのあそびを通し、手紙が届くまでの郵便のしくみを学んでみるのもいいかもしれません。

●「お絵描き」や「俳句」であそびながら気持ちを表現♪

手紙を書くといっても、まだ文字の読み書きができない子も多いでしょう。文字が書けないからまだ早いと思わず、クレヨンや鉛筆を手に持つことができるなら、グルグルと絵を描くことで、好きなものや送る相手への気持ちを表現できます。好きなように絵を描くことで、表現力が養われますし、何を描いたのかを聞いて大人が絵に文字を書くことで、子どもが文字に関心を持つきっかけになるかもしれません。

語彙が増えてきた子どもとあそびながら気持ちを表現するなら、リズムに合わせて歌のように俳句を作るのもおすすめです。季語などのルールは考えず、覚えた言葉や今日のできごとを五七五のリズムで楽しく伝え、大人が書きとってお手紙にしてみましょう。気持ちを言葉にする力もまた表現力を伸ばすことにつながり、コミュニケーションの幅を広げていきます。一緒に俳句あそびをしながら、ふいに「お母さん 今日もニコニコ ありがとう」のように無邪気な想いのこもった嬉しい手紙をもらえるかもしれませんよ。

●書いた作品を届けてみよう!

絵、俳句、子どもが書く文字、そして大人が書く手紙、どれも相手を思って書かれた作品でです。その作品を家族で贈り合い、手書きのものを受け取る嬉しさとぬくもりを子どもと一緒に体験してみましょう。作品を実際にポストに投函して送ってみると、メールでは体験できない届くまでの時差とワクワク感も体験できますね。

絵を描いたり俳句を作ることは、表現力を鍛えることにつながります。想いをこめて書いた手紙を「ありがとう!嬉しいよ」と喜んでもらうことは、自分の「表現」が受け入れられたという大きな自信になります。ぜひ、自由にのびのびと表現する楽しさを体験させ、しっかりとほめてあげましょう。

参考:10月9日|今日は何の日~毎日が記念日~
   今こそ、手紙を書こう!なぜ今、手紙か?|手紙文化振興協会

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑