七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

「パズルあそび」は発想力、想像力、推理力、思考力の4つの力を育てる!?【七田式親子あそび】

幼い頃、パズルで遊ぶのに夢中になったパパやママもいらっしゃいますよね。パズルあそびは楽しいだけではなく、想像力や推理力、図形に対する感覚や思考力などを総合的に育てることができます。そこで今回は、七田式で実践しているパズルあそびについてご紹介します。

●初めてのパズルあそびのポイントは?

初めてパズルあそびに取り組むときには、お子さんにあったパズルを選ぶことから始めましょう!形状は、はずしたりはめたりすることが簡単にできる、つまみ付きのものを選ぶのがおすすめです。そして、ある程度の厚みがあるものにしましょう。ピースに厚みがあれば、1回ではめることができなくても動かしているうちに「ポコッ」とはまることがあり、はまった実感が得られるからです。絵柄はぜひ、子どもが興味を持っているものを選んでくださいね!興味はやる気につながります。

パズルというと、無の状態からはめさせることを考えてしまいがちですが、それでは子どもがなかなか興味をもてません。まず、完成した状態のパズルを見せながら1つか2つのピースを親がはずし、「これはどこにピッタリかな?」と問いかけながら子どもにはめさせることがポイントです。

●慣れてきたらピクチャーパズルにチャレンジしよう!

最初に準備したパズルであそぶことに慣れてきたら、ピクチャーパズルにチャレンジしてみましょう!ピース数の少ないものから徐々に増やしていくといいですよ。目安としては、3歳くらいで9ピースを目指すといいでしょう。

ピクチャーパズルであそぶときのポイントは、子どものはめたいピースからはめさせるように大人が見守るということです。大人は外側からはめていけば簡単なことがわかっているので、ついつい「こっちからはめたほうがいいんじゃない?」と言いたくなってしまうものです。しかし、ピクチャーパズルの目的は、パズルを早く完成させる「技術」ではありません。「この形はここかな」、「ここじゃ合わないな。向きを変えたら合うかな」などと想像することで、想像力や推理力、思考力を伸ばしていけるのです。子どもが自由に発想し、考え、予測する時間をたっぷりととってあげてくださいね。

●パズルあそびは脳にとってもバランスのいいあそび!

七田式で取り組んでいる、パズルあそびのポイントについてご紹介しました。

パズルあそびは、脳の働きからみてもバランスのいいあそびです。直観的に一部が全体のどこに当てはまるのかを予想するのは右脳の働き、ピタリと合う組み合わせを見つけるのは左脳の働きといえるからです。

子どもの考える時間を見守るのは、パパやママには根気のいることかもしれませんが、パズルがはまったときには一緒に喜んであげ、親子でパズルあそびを楽しんでみてくださいね。

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑