七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

「世界海洋デー」に、子どもの食育について考えよう!

前述のように、生命が生まれるきっかけになった海ですが、私たちの身体との共通点も多いことで知られています。例えば、生まれる前の赤ちゃんを守っている羊水も海水とほぼ同じ成分ですし、私たち人間をつくっている元素も、海水によく似ていると言われています。

参考: 意外に知らない塩のことその8、塩と人間の関係
参考: 海から生まれた生命

スケールの大きな話から日常に話を戻しますが、皆さんはお子さんとの食事で気をつけていることはありますか?

最近は冷凍食品も手軽に手に入り、安価で味も悪くはありません。また、手作りよりも調理が簡単で子どもが好むという理由から、オムライスやカレーのような洋風のメニューをよく食べているという方も多いと思います。しかし、このような食事ではどうしても栄養は偏ってしまいます。

よく「この子は落ち着きのない子で…」とか「うちの子は集中力がないから…」などという親御さんがいらっしゃいますが、それは単にその子の性格がそうだからというだけではなく、栄養バランスの崩れがそれを引き起こしているという可能性も考えられます。私たちの体や心は、食べるものでできているといっても過言ではないくらい、食事は生きていく上で大切なことです。

そこで今日は、子どもの食育を考える上で気をつけて欲しい5つのルールをご紹介したいと思います。

・昔ながらの和食をベースにする
・なるべく「茶色いもの」を選ぶ
・食は体だけでなく、性格もつくると理解する
・添加物のチェックは親の責任
・子供と一緒に食卓を囲む

例えば、白いご飯ではなく麦ご飯や玄米、食パンも普通のものではなくライ麦パンにするなど工夫することによって、食品から得られる栄養価を高めることができます。また、添加物も大人には問題のない量であっても、子供にとって大丈夫かどうかは、わかりません。是非、この5つのルールを念頭に、毎日の献立を考えてみてください。

さて、今日の晩御飯は世界海洋デーにちなんで、魚料理なんていかがですか?お子さんと一緒に食卓を囲みながら、「私たちは海から生まれてきたんだよ」とか、「◯◯ちゃんがママのお腹にいたとき、このお魚がいた海と同じくらいしょっぱい水の中にいたんだよ」など、会話を楽しんでみるのもいいかもしれません。食事をしながら、私たちの生活になくてはならない海の大切さも伝えられたらいいですね。

 

★━━━━----———————————————————————
 七田式教室では無料体験レッスンを随時受付しております♪
 http://shichida.tokyo/experience/
———————————————————————-----━━━━★

↑