七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

「絵本の読み聞かせ」は子供が愛情を実感できる瞬間!

今日、9月14日は「コスモスの日」です。3月14日からちょうど半年となる今日は、プレゼントをコスモスの花に添えて交換し、お互いの愛を確認しあう日とされています。ちょうど今頃がコスモスの時期であり、花言葉も「愛情」ということからコスモスの花が選ばれています。そんな今日は、親子でも愛を伝え合う時間が持てるといいですね。

●言葉で愛情を伝えるのには限界がある

七田式では、「愛」は「子育て三種の神器」の最初に置かれています。しかし、実際に子供に愛を教えていくのはなかなか難しいですよね。言葉にして「愛してる」、「大好き」などと愛情表現をすることもできますが、子供が大きくなるにつれてそのような機会も段々と減ってしまいます。では、どのような方法で愛情を伝えるのが有効なのでしょうか。

●「絵本の読み聞かせ」で親子時間をつくる
子供が親の愛情をもっとも感じる瞬間のひとつに、「絵本の読み聞かせ」が挙げられます。絵本を読んでもらっている時間は「自分だけのママ」という実感が湧き、そのことが子供にとってはなによりも嬉しいのです。絵本の読み聞かせは、片手間にはできないため、しっかりと子供に語りかけ、子供を見ながら行うことになります。それは、子供にとって特別な時間なのです。

普段、子供と一緒に過ごす時間が多い親であっても、ごはんを作ったり、洗濯といった家事や、子供のお世話に時間の大半を費やしていますよね。これらは、子供のためであったとしても、子供と同じ方向を向いて時間を共有しているわけではありません。もちろん、子供のために行う家事や育児は、愛情がなくてはできないものです。しかし、毎日の細々としたことに子供が愛情を感じるのは、ずっとずっと後のこと。一人暮らしを始めたり、自分に子供ができて初めて、「お母さんは頑張ってくれていたんだ」と身に染みてわかるのです

一方、絵本の読み聞かせであれば、その場で愛を伝えることができますし、子供も親の愛情をダイレクトに感じることができます。今日は家事や育児の手を止めて、子供の好きな絵本を読みながら、穏やかな時間を少し多めに取ってみてはいかがでしょうか。

参考:コスモスの日

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑