七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

【七田式親子あそび】お絵描きあそびで表現力を育もう!

クレヨンや色鉛筆などが手に持てるようになると、お絵描きあそびが始められるようになります。生まれたときにはとても小さかったあの手が、クレヨンが握れるくらいに大きくなり、お絵描きまでできるようになると、感動しますよね。

実際に画用紙にお絵描きをさせてみると、紙からはみ出してしまい、机や壁などを汚すこともあるでしょう。パパやママとしては、「紙以外のところに描かないように」と叱ってしまいそうですが、実は小さなうちは「枠」という概念がまだありません。

あそびの基本は「楽しい」と思えること。叱られてお絵描きが嫌いになってしまわないように、思う存分お絵描きができるよう、できるだけ大きな紙を用意してあげましょう。 カレンダーの裏やミスプリントの裏紙、模造紙などを何枚かつなげて壁にど~んと貼ってあげると喜びますよ。色々な紙と文具を使ってお絵描きをすることで、「筆圧・運筆力」がアップします。

お絵描きを始めて最初の頃は、グルグルと丸を描いたり、グジャグジャと線を描きます。色のイメージもないため、例えば太陽が青だったり山が赤かったりするかもしれません。

しかし、ここで大人の常識を押しつけることはやめましょう。イメージは右脳で感じますが、感じた色を素直に表現する時期なので、それを見守ってあげることが大切です。そして、「これは何?」「上手に描けたね~」など、会話で盛り上げて楽しい雰囲気を作ったり、思い切りほめてあげましょう。自分が表現したものがパパやママに受け入れてもらえることは、子どもにとって大きな自信につながります。たくさんほめて「表現力」を伸ばしてあげましょう。

子どもが感じたことを表現してくれることで、パパやママにとっては「こんなものも認識できているんだな」「この色がお気に入りなんだな」など、嬉しい発見があるかもしれません。自由にのびのびと描かせ、しっかりとほめて、どんどん表現力を伸ばしてあげましょう。

↑