七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

コミュニケーションのはじまりである「あいさつ」を大切にしよう

コミュニケーションの基本となる「あいさつ」は、子どもに習慣づけたいもののひとつです。しかし、はじめから上手にできる子どもは少なく、ママ・パパの手助けが必要となります。そこで今回は、子どもにあいさつをどのように教えればいいのか、あいさつができるようになるためにはどうしたらよいのかを考えていきましょう。

●“あいさつ”はコミュニケーションのはじまり

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「おやすみ」 これらはすべてあいさつです。「あいさつは大切」といわれますが、なぜ大切なのか考えたことはありますか?あいさつには「人のこころを開き、そのこころに近づく」という意味があり、人間関係を築くための第一歩です。

幼稚園や保育園に通うようになると、お友だちや先生など他人との関わりが増え、あいさつをする場面も多くなります。子どもに「ごあいさつは?」「なんて言うの?」と促しても、なかなか言ってくれない場合があります。ママ・パパからすると「なぜ言えないの?!」「こういうときはおはようでしょう!」とついつい叱ってしまいそうになりますよね。

実は、たった一言のあいさつでも子どもにとっては簡単ではありません。恥ずかしい気持ちや不安な気持ちがあるとすぐに反応ができないのです。特に、恥ずかしがりやの性格や慣れていない人や場所などでは、言葉を発すること自体むずかしい場合があります。

●ママ・パパが子どもの見本となる

子供があいさつができるようになるには、日々の習慣や積み重ねが大切です。年齢に関係なく、0歳から教えてあげるのがよいでしょう。子どもがあいさつができるようになるポイントが2つあります。

1つ目は、親が見本となりオーバー気味にあいさつすることです。子どもがわかりやすいように、表情や身振り手振りを使って大きく表現してみましょう。日常生活のなかでママ・パパが「手本」を示しながら教えていると、必ず自然にできる時期がやってきます

2つ目は、家庭内でのあいさつを欠かさないことです。外であいさつができるようになるには、家のなかであいさつの習慣を身につけることが大切です。ママやパパのやり取りを見て、子どもは育ちます。ママ・パパがお互いに「おはよう」「ありがとう」「いってらっしゃい」と言い合う習慣があれば、子どもは自然と外でも挨拶ができるようになるでしょう。

あいさつは、人と人とをつなぐ大切な言葉です。子どもがあいさつできないとついつい強い口調で促してしまう場合もあるかもしれません。子どもには「しっかりした子になってほしい」というママ・パパの気持ちもとてもよくわかります。しかし、子どもは子どもなりにがんばっているのかもしれません。子どもが自分の力であいさつができるようになるまで、優しく見守ってあげてくださいね。

参考:
七田式教室講師がお悩み解決!新しい環境に馴染むコツ!幼児編|七田式教室公式サイト
意外と知らない”挨拶の大切さ”|たった5秒で人生が変わる|Agent みんなのキャリア相談室
子供の挨拶はいつから練習すべき?しつけ方・教え方のポイント|マイナビウーマン子育て

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑