七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

ママの笑顔は幸せの源!笑顔の連鎖で家族の幸せな時間を過ごそう

人の気持ちを明るく幸せにしてくれる笑顔。今日11月25日は、そんな「いい(11)笑顔=にっこり(25)」が日本中にあふれるようにという想いが込められた「いいえがおの日」です。健康だからこそ笑顔が生まれ、笑顔でいることで健康になれる、そんな風に笑顔と健康の関係を意識して過ごすことで多くの人が健康になることを目的に、2007年に制定されました。

笑顔には、周囲を温かい気持ちにするだけでなく、免疫力の向上や、気持ちをプラス思考へ導くなど様々な効果があるといわれています。また、私たち親にとって、子どもの笑顔は日常の大変さや辛さを吹き飛ばす特効薬にもなりますよね。

いいえがおの日である今日は、日常に笑顔がある幸せな生活を改めて心がけ、いつもよりも子どもや家族、周囲への笑顔を意識して過ごしてみてはいかがでしょうか。

●子どもは親の笑顔が大好き!自己肯定感を高めるママの笑顔

いつでも笑顔で子どもと向き合いたい、そう思っているママは多いと思います。しかし、子育てには、大変なことや思い通りにいかないというイライラは付き物です。笑顔を絶やさないという意識はもちろん大切ですが、無理をせずにまずは1日3秒間、子どもを見つめてニコッとママの素敵な笑顔を向けてみましょう。

この3秒の笑顔で充分に愛情は伝わりますし、子どもは「自分の存在がママを幸せにしている」という幸せも感じることができます。また、子どもが話しかけてきたり、赤ちゃんが泣いたり笑ったりしたら、笑顔で相手の顔を見て、しっかりと反応することも大切です。

この笑顔の反応の積み重ねが「自分は親に愛され、信頼されているから頑張れる」という子どもの自己肯定感や自信、また、困難に直面しても諦めない強い心を育てます。自分に自信があり強い心を持つ子どもは、自分と同じように相手も信頼することができるので、将来、周囲とも良い人間関係を築くことができるでしょう。

●親の笑顔と子どもの笑顔、笑顔の連鎖が幸せを生む

子どもは、親の表情を本当によく見ています。むすっとしていれば「近づかないようにしよう」「話しかけないようにしよう」と子どもなりに考えて行動しています。これでは子どもが家でくつろぐことはできません

そこで、親が意識して笑顔で過ごすこと、これこそが子どもを愛の中で育てる方法になるのです。「私は子どもにしてあげることが何もない」と悩むママであっても、笑顔になることはできるのではないでしょうか。

とびきりの笑顔ではなく、何気ない日常から生まれる自然な笑顔でかまいません。ママの笑顔をたくさん見ることで、子どもは家庭で安心し、落ち着いた精神状態で物事に取り組むことができ、また、安心感からたくさんの笑顔を見せてくれるでしょう。子どもがいつも笑顔でいてくれたら、親もその笑顔に癒されて自然と子どもに笑顔を返していく、このような笑顔の連鎖が愛情あふれる幸せな家庭を創り出していくのです。

ママの幸せは子どもにとっても幸せです。子育てにはストレスや苦労が伴うものですが、上手に息抜きをしながら、無理のない範囲で子どもに愛を伝えて笑顔の連鎖を起こし、子どもがリラックスできる幸せな家庭を築いていきたいですね。そして、笑顔のパワーで心身ともに強い子どもを育てていきましょう。

参考:いいえがおの日(11月25日記念日)|今日は何の日|雑学ネタ帳
   <笑顔の子育て>なんてホントにできるの?[スーパー保育士のお悩み解決]|ベネッセ教育情報サイト
   <「笑顔」の素晴らしい効果14個と素敵な笑顔の作り方|心理学の時間ですよ!!

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑