七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

七夕を親子で楽しもう!成り立ちや五色の短冊の意味、具体的な楽しみ方まで紹介

毎年7月7日は七夕ですね。幼稚園・保育園で七夕飾りを作ったり、短冊を書くことも多いのではないでしょうか。

今回は、七夕の由来や短冊の色の意味のほか、おうちでできる七夕の楽しみ方もご紹介します。ぜひ親子で楽しんでみてください。

■七夕の言い伝えとは?

七夕の起源は、古代中国の宮廷行事であった「七夕(しちせき)」が奈良時代に伝わり、日本の伝説にある「棚機津女(たなばたつめ)」が混じり合って生まれたと言われています。どちらも当時貴重であった織物に関するお話があり、それが平安時代に華やかなイベントになったそうです。

そしてさらに歳月が流れ、現代の日本の七夕では、さまざまな七夕飾りとともに、願い事を書いた五色の短冊を笹に結び、織姫と彦星が会えるよう天を見上げる、という季節の行事に変化しました。

また、旧暦の7月7日は真夏の8月にあたります。現在は梅雨明け前となることも多く、七夕が曇り空になることも多いですよね。しかし昔は、天の川が綺麗に見える年が多かったのかもしれません。

■七夕に飾る、五色の短冊の意味

七夕に短冊を書いたことがきっとあるのではないでしょうか。実は、短冊の色(青・赤・黄・白・黒)は、それぞれ五行(木・火・土・金・水)を表しています。

五行はそれぞれ、五徳(仁・礼・信・義・智)を表しているとも言われているので、そういったことを踏まえて短冊の色を選んで見るのも面白いかもしれません。もちろん、子ども自身に自由に選ばせてあげても良いでしょう。

参考:もうすぐ七夕!意外と知らない由来や短冊・飾りについて調べてみました|安芸ん堂

■おうちで七夕を楽しむ方法【七田式親子あそび】
1. 七夕に関連するお話をする

絵本があれば、よりイメージしやすいでしょう。子どもの頭の中では、七夕の物語が動いているでしょう。イメージする力を育めるだけでなく、読解力も底上げしますよ。

参考:子どもに伝えやすい「七夕」の由来と短冊の意味(7月7日)|Hoiclue

2. 短冊に願いごとを書く

先ほどご説明した「短冊」を実際に描いてみましょう。まだ字が書けないお子さんの場合は、手全体で鉛筆などをつかんで、グルグル書くだけでも良いですよ。文字が書けるお子さんは、子ども自身に書かせてあげてください。

3. 笹などに飾る

ご家庭で笹を手に入れることができそうであれば笹に、なければ家にある観葉植物のほか、壁にマスキングテープなどで貼り付けても子どもが喜ぶはずです。

折角なので、幼稚園・保育園などで製作した七夕飾りや、おうちで一緒に作った七夕飾りなども一緒に飾るのもおすすめです。

参考:七夕にちなんだ絵本&絵本遊び5選|Hoiclue

4. 空を見上げたり、歌を一緒に歌う

七夕の夜は、家族でゆっくり空を見上げてみましょう。一緒に『たなばたさま』の歌を歌ったりして、のんびり過ごすのも良いでしょう。

歌っていると、子どもから「のきばって何?」「すなごって何?」と聞かれるかもしれません。簡単に説明すると、「のきば」は「軒端」と書き、家の屋根のうち、壁よりも外に出ている部分のことです。

そして「すなご」は「砂子」と書きます。これは、金箔や銀箔を粉状にしたものを指し、歌詞からは「天の川に金色と銀色の粉がきらめいている様子」を想像できます。

■まとめ

大人になると短冊を書いたり、七夕に空を見上げるというのは、少し気恥ずかしい…というお父さん・お母さんもいるかもしれません。しかし、思い切って行事を楽しむと、「次はなんの行事があるかな?」と楽しみになってくることもあります。

何より同じことをする時間をもつことは、それだけで子どもにとっては心の糧となります。ぜひ親子で楽しんでみてくださいね。

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑