七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

乳幼児期から始める幼児教育は、右脳への働きかけ!親子あそびで能力を開花しよう

0〜6歳の乳幼児期は、人生の黄金期とも言われます。そして、子どもの中の「天才」を引き出すのは、お父さん・お母さんです。今回は、どうして幼児教育が大切なのか、早期に教育する理由や親が子どもにできることについて詳しく解説していきます。

お子さんの能力を「最大限伸ばしてあげたい!」と願っている方はぜひ参考にしてみてください。

●子どもはみんな天才!0〜6歳までの乳幼児期がカギ

あなたのお子さんを含め、子どもはみんな「天才」です。しかし一方で、「できる子」「できない子」は親しだい、というのも事実です。もって生まれた無限の可能性を育つがままに放っておいたのでは、うまく開花できません。

まず、0〜3歳までは「吸収力が最も高い」時期で、3歳から6歳までは「素質を育てる」ためにとくに大切な時期と言われています。例えば、絶対音感が身につくのは3〜4歳頃で、言葉を覚える能力は6歳頃までが一番高いそうです。

この時期に正しいかかわり方をすることが、子どもの能力の開花に直結します。つまり、天才を育てるカギとなるのは、0〜6歳までの乳幼児期であると言えるでしょう。

脳科学の分野では、幼い頃から練習を重ねたり、早くから練習する環境に身を置いていた天才的な音楽家の脳は、神経細胞が増えていると証明されています。

さらに言及すると、0歳に近ければ近いほど、可能性が広がります。良い環境を与えるのに早すぎることはなく、逆に6歳を過ぎると「伸び」が一気に悪くなるそうです。

●天才に共通する右脳と左脳のバランス

「天才」と呼ばれる人たちに共通しているのは、右脳と左脳をバランス良く使える、という点です。左脳は三次元的な言語や計算脳、右脳はより高次元的で、無限の可能性を秘めているとも言われます。

一般的には、左脳90%、右脳10%程度の比率で使っているとされ、明らかに右脳の割合が低くなっています。原因として、右脳への働きかけが十分に行われていないことが挙げられます。

つまり、右脳教育を積極的に行わず、左脳に働きかけているだけでは、持っている能力の10%程度しか引き出せないのです。幼児教育では、左脳と右脳にバランス良く働きかけるかかわり方が重要と言えるでしょう。

また、脳は生まれた瞬間から成長し、見たり、聞いたり、触れたり…といった五感の刺激によって、入力回路を充実させていきます。この入力回路がしっかり育つと、自然に出力回路(言葉を話す回路)も育っていきます。言葉を受け取る回路の働きが高まれば、言葉を使って豊かな表現が出来るようになるのです。

6歳には左脳優位な頭に切り替わると言われているので、それまでに右脳を開発することで、子どもの中にある「天才」を引き出してあげることが出来ます。

●幼児教育は、日常生活のちょっとした場面に簡単にできるあそびから取り入れる

幼児教育や右脳開発と聞くと、難しいことを子どもにさせる、と言うイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。親が子どもに強制してやらせようとしても、子どもは素直に応じてはくれませんし、長続きもしません。

大切なのは、子ども自身が面白がって、自ら楽しんでやってくれることです。そのためには、日常生活のさまざまな場面で、子どもが気づかずに参加できるあそびを取り入れると良いでしょう。例えば、他の記事でご紹介している親子あそびは、親子で一緒に簡単に楽しめるものばかりです。下記は、一例です。興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

【七田式親子あそび】親子で実践♪心と体がすくすく育つスキンシップあそび

積み木はおもちゃの代表格!七田式「積み木あそび」がもたらす効果とは?

いま、親子でおうちで過ごす時間が増えています。親子であそびを楽しめば、笑顔もきっと増えるはず。子どもの心を育むだけでなく、能力の開花にもつながるので、ぜひ日常生活に取り入れてみてくださいね。

参考:幼児教育について|文部科学省
   子どもの成功の秘訣は? 5000人の天才を45年間追跡して分かった6つのこと|
BUSINESS INSIDER JAPAN

   自宅で世界トップレベルの幼児教育ができる!我が子の天才性を引き出す7つのポイント|hapimama

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑