七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

今も昔も変わらない楽しさ!「文化の日」に伝えたい日本の伝統的なあそび

11月3日の文化の日は「文化を愛し、豊かなこころを育む日」です。日本の平和や文化の発展を願う日として親しまれているため、子どもたちに伝えたい祝日の1つかもしれません。今回は「文化」の意味と文化の日におすすめしたい日本の伝統的なあそびについて紹介します。

●文化の日とは?

「文化の日」は、毎年11月3日に制定されている祝日です。1946年11月3日の日本国憲法公布の日を記念して「文化の日」と制定されました。

もともと11月3日は明治天皇の誕生日であり、明治時代には国民の祝日の1つである「天長節(天皇誕生日)」として広く親しまれていました。しかし、明治天皇が崩御されると、国民が「明治天皇の功績を称えるために11月3日を祝日にしてほしい」という運動を起こしたことから、明治2年に「明治節」という名称で祝日になりました。「明治節」はその後、GHQにより廃止され、代わりとして「文化の日」が誕生しました。

現在では、文化の日に文化勲章の親授式や文化庁主催の芸術祭など、文化にまつわる特別な催しが実施されており、秋の祝日といえば文化の日を想像する人も多いのではないでしょうか。

●「文化」とは一体なにか?

「文化」という言葉はさまざまな場所で耳にしますが、そもそも文化とは一体なんでしょうか?文化とは、美術館に飾ってある美術品や絵画、古来より語り継がれてきた物語。誰もが知っている歌や便利な発明など、人々が毎日楽しく幸せに暮らせるようにと作られてきたものたちのことを「文化」と呼んでいます。

つまり、文化とはその国やその国に住む人々の歴史を表しているといっても過言ではないのです。

●日本の伝統的なあそび3選

子どもには、毎日の生活の中でさまざまな文化に触れていることを説明し、文化が身近なものであることを伝えてみてはいかがでしょうか。今回は、子どもが親しみやすい3つのあそびを紹介します。

1.おはじき
昔なつかしい、おはじきを使ったあそび。おはじきをはじき、ふれることなく2つ並んだおはじきの間に指を通すことができれば、自分のものになるというルールです。複数人でもあそぶことができるので家族やお友だちとするのにもおすすめです。細かい動きも求められるあそびなので、指先を使う練習にもなりますよ。

2.おりがみ
おりがみもおはじき同様、細かい動きが求められるあそびです。さまざまな方向へ10本の指のどの指を使い、どのように折るのかなどを考えながら指先を動かすので、総合的な力が身につきます。最近では、カラフルな色合いや豊富なデザインのおりがみも多く販売されていますので、何種類かを組み合わせてオリジナルの作品を作ってみるのもよいでしょう。

3.お手玉
昔のあそびというイメージが強いお手玉。お手玉であそぶ子どもの姿を見ることは少なくなりましたが、伝統的な日本のおもちゃとして海外からも人気を集めています。色鮮やかな見た目から視覚、手に持ってあそぶことから触覚、小豆など中身の音が鳴ることから聴覚がそれぞれ刺激され、脳の活性化に繋がることで集中力が高まると言われています。

日本の伝統的なあそびだけではなく、普段はあまり足を運ばない美術館や博物館などを訪れるのもよいかもしれませんね。実際に体験したことは、子どもの記憶に強く残ります。子どもと一緒に日本の文化に触れながら、楽しい時間を過ごしてみましょう。

参考:文化の日|コトバンク
   「文化の日」とは!意味と由来をわかりやすく|hana’s

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑