七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

子どもの作文力がアップする!シンプルな言葉かけのコツ

そろそろ新学期がスタートですね。冬休みの宿題では、読書感想文や日記といった作文が上手に書けずに苦労した…というお子さんも多かったのではないでしょうか。

お母さんが気になって読んでみると「ご飯を食べました」「友達と遊びました」というように、単調な描写の繰り返しになっていたりしませんか。

それはきっと、子供の頭の中に詰まっている、感性、ひらめき、創造力を外に向けて出す“技術”が足りていないのかもしれません。ちょっとしたコツを教えてあげれば、ぐっと作文を書く力がついてくるものです

そこで今日は、お母さんができる、お子さんの作文力を上げる働きかけについてお伝えします。

●言葉のアウトプットには“技術”が必要

作文力・文章力といった「書く力」は、自分の思いや考えを相手に伝えるために必要な技術であり、とても大切なものです。とはいえ、文字をちゃんと書いたり、文章の構成を考えたりする必要がある作文という作業は子どもにとってはなかなか難しいものです。コツを教えてあげないと、子どもの作文はどうしても「〜しました」の繰り返しになりがちです。そんな子どもの拙い作文を読むと、うちの子は作文が苦手なんだと思ってしまうかもしれません。

しかしそれはもしかすると、単純に頭の中にある言葉を外に向けてアウトプットする“技術”が、ないだけかもしれません。

そこで、お母さんからの働きかけで子どもの頭の中にある言葉を引き出してあげましょう。

●合言葉は「カラオケ貸すぞ」!?

子どもの頭の中にある言葉を引き出すキーワードは、「カラオケカスゾ(カラオケ貸すぞ)」です。「カラ」は色(カラー)、「オ」は音、「ケ」は形・大小、「カ」は感じたこと、「ス」は数量、「ゾ」は想像したことです。以下のような具合で、言葉がけをしてみましょう。

カラ:「どんな色だった?」
オ:「どんな音がした?」
ケ:「どんな形?どのくらいの大きさ?」
カ:「どんな気持ちになった?」
ス:「いくつあった?どれくらいあった?」
ゾ:「どんなことを考えた?」

このようにシンプルな言葉がけがあると、子どもは頭の中の考えを言葉にしやすくなります

●「もしも作文」で表現力アップ

さらに表現を豊かにするために「もしも〇〇だったら?」と語りかける、「もしも作文」で遊んでみるのはいかがでしょうか。

お題は何でもいいのですが、たとえば、「もしもアリさんだったら」と語りかけ、「アリさんになって、お母さんの鼻の中に、入ってみる?」というふうに、想像力を掻き立てるように導いてあげましょう。

「書く」という作業は非常に個人差が大きいものです。子供にとっては最大の難関といってもいいかもしれません。早く上手に書けるようになる子もいれば、なかなかうまく書けない子もいます。うまく書けないからと先を急がせるような対応すると、子供は書くことが嫌いになってしまいます。一度、作文嫌いになってしまうと、修復するのは大変です。子どもがうまく書けなくても、焦らず子どもの想像力を掻き立てる働きかけをしてみてくださいね。

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑