七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

子育ては一進一退。こどもの日には、子どもと一緒にお父さん・お母さん自身も祝おう!

5月5日は「端午の節句」であり、現代では「こどもの日」でもあります。いつもより豪勢な食事にしてみたり、おうちに何かを飾ってみたというお父さん・お母さんもいるのではないでしょうか。今回は、端午の節句・こどもの日の成り立ちをご紹介します。また、「子どもに何度言っても伝わっているかどうか分からない」と悩んでいる方に向けて、子育て時に知っておくと楽になるお話もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

◼︎端午の節句とこどもの日

日本の「端午の節句」は、五節句の一つとして数えられ、古くは奈良時代から続いています。当時の日本では季節の変わり目である「端午の日」に薬草を摘んだり、蘭を入れたお湯を浴びたり、菖蒲を浸したお酒を飲んだりして、病気や厄災をさけるための行事をしていたそうです。

はじめは「端午」というのは5月に限定したものではありませんでしたが、徳川の時代から、鯉のぼりを高く揚げたり、五月人形を飾り、男児の前途を祝うようになったといわれています。鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習で、「身体を守る大切なもの」として現代でも贈られています。

一方、鯉のぼりは、非常に生命力が強い魚である鯉が急流をのぼり、竜になって天にのぼるという中国の伝説にちなみ、子どもの立身出世を願う飾りとして、江戸時代の町人階層から定着しました。

そうして祝われてきた端午の節句が1948年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」国民の休日として定められました。その時から、これまでは男児に限定したお祝いだったものが、子どもたちみんなをお祝いし、お母さんに感謝する日になったとのことです。

参考:端午の節句の由来といわれ|総合人形専門店こうげつ人形
   端午の節句と五月人形|一般社団法人日本人形協会
   こどもの日(5月5日)とは?〜子どもたちに伝えやすい行事の意味とその由来〜|Hoiclue

◼子育ては「根気」を持って取り組む

七田式では、子育てに必要なものの一つは「根気」であるとお伝えしています。なぜなら、子育ては一進一退するものだからです。

例えば、「毎日脱いだ靴をそろえている!」と周りから褒められていた子が、別の日に靴を脱ぎっぱなしで忘れていて、そのまた次の日も忘れている、ということがありました。「ようやく身についた」と思った習慣であっても、子どもが見事に忘れ去ることはよくあります。

しかし子ども自身も、できたりできなかったりを繰り返して苦労しているはず。「いただきます」や「ありがとうございます」を言うことが習慣化されている場合、相当な数を繰り返して身につけています。

そして、しっかりと身についた習慣は、大きくなってからも子どもたちを支えてくれます。お父さん・お母さんも大変だと思いますが、ぜひ根気よく付き合ってあげてください。

子育ての終わりが見えず、時には辛い気持ちになることもあるかもしれません。ですが、子どもの成長に応じて、子育ての形は徐々に変わっていくので、意外とあっという間です。

最後に、アメリカンインディアンの教えといわれる「子育て四訓」をご紹介します。こちらには、子どもの自立につながる、子育てへの向き合い方が示されています。

1. 乳飲み子からは肌を離すな
2. 幼児は肌を離して手を離すな
3. 少年は手を離して目を離すな
4. 青年は目を離して心を離すな

すでに耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。子どもの成長に応じながら、親が根気よく向き合っていくことは、子どもの自立に必ずつながります。一進一退を繰り返しながら、最後まで心は離さずに子どもを支えていきましょう。

そして、こどもの日には、子どもたちを祝うだけでなく、子育てをしてきたお父さん・お母さんがお互いに感謝の気持ちを言いあう日にしてみてはいかがでしょうか。

↑