七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

子育てを少しでも楽しく、ポジティブに乗り越えよう!

子育ては初めての連続といっても過言ではありません。なぜなら、最初の子供が1歳なら自分もまた親として1歳でしかないですし、たとえその子が10歳になったからといって、「10歳の子」の子育ては初めてなのですから。それに、男の子と女の子でも違いは大きいでしょうし、ましてや一人一人個性が違うので、何人も育てているお母さんでも、その子を育てるのは初めての経験ということになります。

そんなふうに、初めての経験に溢れているのが育児なのです。だからこそ、少しでも楽しく、ポジティブに乗り越えていきましょう。

子育て中のお母さんからよく耳にするのが「自分が犠牲になっているような気がする」という言葉です。出産・子育てのために好きな仕事を辞めた、毎日家事と育児に追われて自分の時間が全くない。社会から取り残されたように感じるママも少なくないかもしれません。

もしそのように感じてしまうのであれば、自分自身の自己実現のために、少しでも時間を作って行動してみましょう。なかなか、お子さんが小さいうちは難しいかもしれませんが、特に子供が小学生になれば時間がとれるようになるはずです。仕事でも、趣味の活動でも、ボランティア活動でも、自分の力を活かせる場を見つけて活動を始めるといいでしょう。

そしてそれは子供のためでもあるのです。「私の人生の一部は、子どもの人生」と思ってしまいがちですが、子供にとってはそれは大きな重荷になってしまいます。なぜなら子供は「ママのために成功しなければ」と感じるようになるからです。そして、子どもはいつかあっさりと親を振り切って自分の世界に進んでしまいます。子供を人生の一部としていると、そのときの喪失感は並大抵のものではありません。

子どもの人生の中で、オムツを変えてあげることができるのなんて、ほんの2〜3年のことです。いつの間にか自分の人生を自分で切り開いていくなんて、今はまだ想像できないかもしれませんが、子供と一つ屋根の下で過ごせる期間というのは、そんなに長くはありません。自分の人生も大切にしながら、限られた子供との時間を楽しく過ごしてくださいね。

↑