七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

寒い「冬」こそ、外遊び!冬ならではの感覚を味わい、遊びながら子どもの成長を見つけよう

12月も後半に入りました。幼稚園や小学校に通っている子どもはまもなく冬休み、クリスマスにお正月と子どもが楽しみにしているイベントが目白押しの期間です。今年はコロナウィルス感染予防のため、例年のような帰省や旅行を避ける家庭も多いと思いますが、この冬休みは家族の思い出を作る絶好のチャンス!いつもと違う冬休みだからこそ、家族で濃密な時間を過ごしてみましょう。

●子どもと外遊びに出かけて「冬」を感じる

子どもと朝から長い時間を過ごせる冬休みは、普段はできない親子での外遊びのチャンスです。午前中の柔らかな日差しの中、ゆったりと子どもと散歩や公園に出かけてみませんか?いつもは忙しいパパやママもそして通園通学でなかなか外を眺める余裕のない子どもたちも、改めて外を眺めてみると様々な冬らしさに気付くでしょう。

頬に触れる冷たい風、葉が落ちた木々、寒さが厳しくなれば、土には踏むとザクザクと音が鳴る霜柱ができることも。こうした今までの季節からの変化を見て、聞いて、触れて、五感で感じとることは、子どもの感覚を研ぎすますうえでとても大切です。
秋までは、かくれんぼの時にすっぽり身体が隠れたはずの木々も、葉が落ちて枝だけになるとすぐに鬼に見つかってしまいます。こういった季節の小さな変化を子どもは遊びの中から見つけ、冬には葉が落ちることを学びます。木の実や葉っぱを使っておままごとができるのも冬ならではの外遊びです。子どもと一緒にいろいろなものを道具に見立てて、想像力を働かせてみましょう。

小さなことや遊びの中から親子で変化を発見し、一緒に喜び驚くことで、子どもは親の愛情を体感し、楽しい思い出を増やしていきます。

●遊びの中で子どもの成長を見つける

遊びは、子どもにとって楽しみでもあり学びの場です。昨日できなかったことも、工夫や努力をすることで、今日はできるようになったり、と子どもは遊びを通して成長していきます。だからこそ、親子で一緒に遊ぶことは、子どもの成長を感じることができる絶好の機会なのです。

秋にはできなかったジャングルジムを一番上まで登れるようになっていたり、ブランコを自分でこげるようになったり…子どもは興味や関心を持ったことをとことん探求します。「どうしたら良いかな?」「次はこうしてみよう!」と自分で工夫し、失敗を重ねることで解決方法を考え、できなかったことをできるようにしていくのです。

子どもにとって、自分に力がつくこと、できなかったことを克服した実感をもつことは、とても嬉しいことです。私たち親にとってもその成長を目や肌で感じられることは、喜びですね。できるようになったことやその変化に気づいたら、しっかりと子どもに伝え、心からほめてあげましょう!子どもの自信と自己肯定力を高め、頑張る気持ちを育てるのは、このような親からの声かけなのです。

親との楽しい思い出がある子どもは、その楽しいことを思い出すだけで幸せな気持ちと親の愛情を感じることができます。そしてその思い出がきっかけで、家族を大切にする心を育むことができ、親子の絆が深まっていくでしょう。

まもなく訪れる冬休み。寒いからと家の中で過ごすだけでなく、ぜひ子どもと外に出かけ、たくさんの発見をしてください。この冬ならではの親子の貴重な楽しい思い出を作れると良いですね。

参考:寒い日も子どもと「冬」が楽しい!学び遊んで過ごす当店人気のおもちゃ・絵本・図鑑|いろや商店

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑