七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

時の概念は「時計あそび」から学び始めよう!【七田式親子あそび】

時間や今日、明日、明後日、1週間、1ヵ月、1年・・・などの「時の概念」。子どもにとってこの概念はなかなか理解しづらいものです。そのなかでも特に、「◯時◯分」という時間は理解するのが難しいです。時計の読み方も含まれてきて、複雑な概念なので、ぜひ日々の生活のなかで積極的にパパやママが教えてあげましょう。

では、何歳くらいのタイミングで、どのようなことから教えていけばよいのでしょうか。まずは、2歳になったくらいのタイミングで「ちょうど」の時間から教えましょう。生活リズムと連動させて時計を見せ、「おはよう。8時だね」「12時だね、お昼ごはんにしようか」などと話しかけるようにします。これを七田式では、「時計あそび」と呼んでいます。子どもからすると、自分の生活リズムと結びついているため、理解しやすいのです。その後は、6歳までに「分」の読み方を1分台まで理解できるようになるのが理想です。

時の概念が身についてくると、時間がわかるだけでなく、子ども自身が何をする時間か理解できるので、規則正しい生活習慣を送ることにもつながります。また「約束を守る」ということの基礎にもなり得ます。さらに将来的なことを考えると、勉強などに取り組む際に目標を設定し、それを達成するためのタイムスケジュールを計画できる能力にもつながっていきます。

時の概念を教えるのに、早いに越したことはありません。子ども自身が何をする時間かを意識して生活できるようになれば、パパやママも子育てが少し楽になりますね。子どもがスムーズに自立していけるよう、日々の生活の中でできることから少しずつ始めていきましょう。

★━━━━----————————————
6月は入会金無料です!
ぜひ体験レッスンにお申し込みください♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑