七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

絶対音感と表現力が育まれる音感あそび【七田式親子あそび】

習い事の定番ともいえる、楽器。楽器を習わせることで、子どもに音感や表現力を身につけさせたいというパパやママも多いのではないでしょうか。音に関する力を身につけさせるために、いつからどのようなことに取り組めばよいのかご紹介します。

子どもは、耳から言葉を聞き、覚え、声に出すことで自然に言葉を習得していきます。音に関しても同様のことがいえ、よい環境で過ごすことで「絶対音感」や「表現力」を身につけることができます。七田式では、あそびを通じて音に関する良質な環境を作ることを「音感あそび」と呼んでいます。

よい「耳」を養っていくのには、早いに越したことはありません。特に「絶対音感」は、0歳のうちから育んでいくことができます。まだ泣いて、寝てを繰り返している赤ちゃんの頃には、BGMに音楽を流しましょう。赤ちゃんは耳から入ってきた音を右脳のイメージ力をフル回転させながらどんどんため込んでいきます。そのため、流す音楽は童謡でもかまいませんが、できればバロック音楽やクラシックなど、楽器が奏でる音がおすすめです。

その後、3歳以降になると、右脳に入力した情報や刺激を表現脳である左脳に移行し、表現のための回路をつくっていきます。楽器を習わせたいと考える場合は、この時期をスタートラインと考えるのがよいでしょう。2歳頃から楽器に親しむ環境をつくってあげると、よりスムーズにスタートを切ることができるかもしれませんね。しかし、基本は「子どもに興味があるかどうか」がスタートのサインです。無理をさせることのないよう、子どもの様子をしっかりと見極めてスタートさせましょう。

表現力を身につけていくのであれば、楽器だけではなく、音を身体で表現する「リトミック」もおすすめです。音を聞いてイメージし、表現することで、自己表現する楽しさを味わったり、音楽的センスを培うことを目的としています。こちらも、まずは楽しんでやることが基本です。ぜひ、パパやママも一緒になって身体を動かし、楽しさを共有してみましょう!

自宅に楽器がある場合には、ぜひ積極的に活用しましょう。ピアノやマラカス、太鼓などもよいですね。楽器がなくても、空き箱やペットボトルで手作りすることもできます。雨の日が続く今の季節、お家で工作も兼ねた「音感あそび」に親子で取り組んでみてはいかがでしょうか。

★━━━━----———————————————————————
 七田式教室では無料体験レッスンを随時受付しております♪
 http://shichida.tokyo/experience/
———————————————————————-----━━━━★

↑