七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

親子チャレンジ!幼児期からの「親子で英語」で語学力を伸ばそう

「英語が苦手だから教えられない」「私が教えたら発音が悪くなってしまう」という心配から、英語教育になかなか踏み切れないママやパパが多くいらっしゃいます。今回は、英語教育の大切さと、ご家庭での教え方をご紹介します。

よく「日本人は英語が話せない」と言われますが、なにが原因なのでしょうか?英語には日本語にはない周波数があり、独特の発声法があります。大人になってから英語をマスターするには、それらが大きな壁になるためです。ところが、赤ちゃんはいともたやすく、その難題をクリアしてしまいます。

大人の場合、考えて、理解する、という左脳的な学習で英語に取り組むのに対して、赤ちゃんは入ってくる情報をどんどん取り入れ、処理することができる右脳から学ぶのです。

つまり、小さな時期からたくさん触れさせてあげると、間違いなく英語力はぐんぐんレベルアップしていきます。赤ちゃんの時期の吸収力は驚異的です。今のうちから英語をシャワーのように、たっぷり聞かせてあげましょう。

それでは、自宅で英語教育を行うポイントをご紹介します。

自宅学習の最大のポイントは「英語教材に頼りすぎない」ことです。小さい頃から英語に触れる環境にあるというのは、バイリンガルになるかどうかはともかくとして、英語への親しみを生んでくれるのではないでしょうか。英語が好き、という気持ちがあれば、大きくなってからも勉強し続けることができる。それは大きな財産です。

もし、ご自身が「英語が苦手」という意識があるのなら、一緒に勉強してみてはいかがでしょうか?親が頑張っている姿というのは、子どもに刺激を与えます。

たとえば、5個のフレーズを一緒に暗記して、それぞれテストをしてみるなどゲーム感覚で英語を楽しむのもいいですね。子どもは大人よりも暗記が得意ですから、きっと戦績はお子さんの方がいいはずです。「ママより英語が得意!」「パパに勝った!」と感じれば、気持ちよく英語と関わってくれるでしょう。ママにとっても英語の勉強ができるし、一石二鳥です。

それでも「どうしても英語は苦手だから教材を使いたい…」という方であれば、CDなどを使用してみましょう。食事をするときでも、遊んでいるときでも、英語を流すようにして耳に触れさせる機会をつくってください。『マザーグース』のような英語の歌も効果的ですし、アニメーションの英語版を活用するのもいいですね。

子どもがある程度大きくなれば、親子で英検にチャレンジするのもおすすめです。子どもに一方的に英語を勉強させるのではなく、一緒に勉強する。そのほうが、子どももずっと楽しいはずです。これは、英語が苦手なママにしかできないことです。子どもはママと一緒に何かをするのが大好きですから、それを活かして子どもの英語力を伸ばしていきましょう。

↑