七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

運動ができれば勉強もできる?子どもがスポーツをするメリットとは

今回は、7月24日の「スポーツの日」にちなんで、子どもとスポーツの関係についてお伝えします。スポーツは、子どもの健康によさそうなイメージがありますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?子どもの成長を助けるといわれるスポーツの魅力とそのメリットについてご紹介します。

●スポーツがもたらす”2つの成長”

「子どもにスポーツをさせようか迷っている」「うちの子にはどんなスポーツが合うのかわからない」と悩んでいる親御さんも多いと思いますが、幼少期にスポーツを習うことは、「からだの成長」と「こころの成長」という2つの大きなメリットが得られます。

「からだの成長」とは、子どもの肉体面の成長を指しています。スポーツを通して全身の骨や筋肉が刺激されることは、からだの成長や発達を促すことにつながります。たとえば、「サッカーをすれば足が速くなる」「バスケットボールをすれば身長が伸びる」といわれるのは、「走る」「跳ぶ」といったそのスポーツにおいて重要視される動きが繰り返し鍛えられることで骨や筋肉の成長を促すからです。

「こころの成長」とは、子どもの精神面の成長を指しています。他人と協力しながら目的を達成することは、仲間やライバルへの敬意といったこころを育むことにつながります。また、勝ち負けを経験することで、人間的な成長も期待できますし、指導者に対してきちんとした礼儀を身につけることは、相手を思いやる素直なこころを育てる貴重な糧となるのです。

●スポーツが「学習」によい影響をもたらす?

スポーツは「からだの成長」と「こころの成長」をもたらすとても貴重な機会だとお伝えしましたが、からだを動かし鍛えることは勉強にも良い影響を与えるといわれています。

私たちが何気なく行っている「目の前の情報をキャッチしてインプットする」「話したり書いたりして情報をアウトプットする」という”学習行為”は、体の発達がなくてはうまく行うことができません。学習は、将来的な記憶力・表現力・思考力などにつながる重要な能力であり、これらの能力は運動をすることにより活性化すると言われています。

また、スポーツを通して自信を持つことが出来れば、どんなことにも積極的に取り組むことができるようになります。子どもは「成功体験」を積み重ねることで、様々な局面に立ち向かう勇気や物事に取り組む行動力を養うことができるのです。

●まとめ

子どもの能力を伸ばしていくうえで欠かせないのがスポーツです。からだを鍛え、こころを成長させることは生きていくための土台ですので、早い段階からしっかり築いておかなければなりません。ぜひこの時期を大切にしながら、お子さんとスポーツを楽しんでほしいと思います。

参考:学習の第一歩は運動から|七田式
   子どもの可能性を伸ばすスポーツ|Kid’s 習い事・スポーツ Guide
   こどもまなび☆ラボ|STUDY HACKER

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑