七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

0歳からのカード遊び~百人一首を活用してみよう

百人一首と聞くと、少し難しいイメージがあると思います。でも、百人一首には、かるたのような通常の遊び方以外に、坊主めくりという遊び方があります。これなら小さいお子さんでも大丈夫。そろそろおうち時間の使い方もマンネリ化してきた時期だと思うので、家族みんなで坊主めくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ルールは簡単です。まず全ての札を裏むきにして重ね中央に置きます。その周りに円になって座り、一人ずつ札を引いていくだけです。札には「殿」「姫」「坊主」の三種類がありますが、引いた札が「殿」であれば自分の札としてカウントすることができ、「坊主」であれば全ての札を捨てなくてはいけません。そして、「姫」を引いたら捨てられた札を全て自分のものにできるというものです。最終的に持ち札の多い人が勝ちになります。これなら、ある程度絵が認識できれば、簡単に楽しめそうですよね。

とはいえ坊主めくりは乳児には難しいと思うので、今度は0歳からでもできるカード遊びをご紹介します。絵や文字が書かれた札をフラッシュのように素早く大量にみせる、フラッシュカードという遊びです。やり方は簡単。絵や文字を書いた紙をたくさん用意してパッパッパッとめくりながら見せていくだけです。カードのタイミングにあわせて、りんごならりんご、バナナならバナナと声に出しながらめくっていきます。

注意点は、カードの絵や文字が指で隠れないようにめくっていくこと。そして言葉の情報を同時に伝えることです。よく「1歳の子供には漢字のカードは難しいのでは…」と考えてしまう方がいますが、「あいうえお」も「天真爛漫」も、子供にとっては同じ情報です。固定観念にとらわれずに遊んでみてくださいね。

この遊びは、右脳のスイッチをいれ活性化させる効果があります。ポイントは、大量に素早くみせること。この機会にぜひ、挑戦してみてください。

↑