七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

1月14日は「褒め言葉カードの日」。子どもに褒め言葉のシャワーをプレゼントしよう!

今日、1月14日は「褒め言葉カードの日」に制定されています。これは、褒め言葉カードを普及させ、褒め言葉の大切さを理解してもらうことを目指している、一般社団法人・日本褒め言葉カード協会が2016年に制定した日で、日付は褒め言葉の一つである「い(1)い(1)よ(4)」と読む語呂合わせから決められました。

上司や家族に「いつもありがとう」と言われれば嬉しい気持ちになりますよね。”誉め言葉は職場や家庭を明るく元気にしてくれる”ということをモットーに、日本褒め言葉カード協会は、誉め言葉で職場や家庭を幸せにし、子ども達に夢と希望を与えることを目的としています。

そんな今日は、親子で日頃の感謝の気持ちを伝え合ってみてはいかがでしょうか。

●七田式で重視しているのは子どもの「心」

七田式の教育では、子どもの能力を最大限に引き出すために、子どもの心を育てることを重視しています。子どもの能力を伸ばすためには、子どもの心を無視して能力ばかりを引き出そうとしてもうまくいかないからです。子どもの心を育てる基本となるのが、「親子の一体感」です。親から子どもへしっかりと愛情を伝え、親子の信頼関係を築くことで、子どもの心と頭はすくすく成長します。

子どもを褒めるというのは、愛情を伝える一つの手段となり得るでしょう。とはいっても、いろいろな褒め言葉を見つけるのは難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。日本褒め言葉カード協会が挙げている褒め言葉を例に挙げると、「ありがとう」「嬉しい」「優しい」「いいね」「さすが」「すごい」「可愛い」「感動した」「素直だね」「一流だね」「衝撃的だ」「完璧だ」「予想以上だ」「器用だね」「丁寧だね」「期待してる」などがあります。これだけの褒め言葉を一日で使うように意識してみるだけでも、子どもにいい影響を与えることができそうです。

●子どもの健やかな成長のために、褒め言葉を活用しよう!

今日は、「褒め言葉カードの日」ということでしたが、カードに限らず、会話やお手紙など、自分の伝えやすい伝え方でお子さんに気持ちを伝えてみましょう。そして、今日だけでなく、日々できるだけ多く子どもを褒めよう!と親が意識すれば、その分子どもはのびのびと安心して、自分に自信を持って成長していけるでしょう。もちろん、叱らないといけないタイミングもありますが、少しでも多くの親の笑顔が子どもに向けられる瞬間があるといいですね。

参考:褒め言葉カードの日(1月14日 記念日)|雑学ネタ帳
   褒め言葉カードとは|一般社団法人・日本褒め言葉カード協会

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑