七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

いよいよ秋到来!自然や季節を取り入れたあそびで心を豊かにしよう

暑い日が続いていますが、そろそろ秋の気分も味わいたいですね。今回は、秋だからこそ楽しめる親子あそびを紹介します。これからの季節にぴったりですので、ぜひ親子で楽しんでみてください。

■日本人にとっての“秋”とは

暑さもやわらぎ、陽が沈むのも少しずつ早くなってくる秋。秋といえば「〇〇の秋」といわれるように、スポーツや読書、芸術などさまざま楽しみがあふれた季節です。

古来より日本人は、夏から秋、秋から冬へのかすかな移ろいを敏感に感じ取り、俳句や短歌などにしたためてきました。特に、紅葉やいちょうの色づきや夜空に浮かぶ月と星などは人のこころを刺激し、さまざまな感性を育んできたといえるでしょう。

■秋は子どもの感性を育む絶好の季節

秋は子どもの感性を伸ばすことのできる季節です。幼児期に季節を感じられる体験を積むことは、豊かなこころを育むことにつながります。四季の中でも、特に秋は子どもがすぐに手に取れるような身近な場所に、さまざまな自然があふれています。

赤や黄、茶色へと変化していく木々、大小さまざまな形の木の実、秋虫の鳴き声など、自然を五感で感じることができます。テレビや絵本だけでは決して触れることができない自然に触れることは、子どもの感性を育むことにつながるのです。

■子どもの感性を育てる秋あそび
1. 旬の食材を使って料理体験

秋は「実りの秋」といわれ、お米や果実、野菜が実りを迎える季節です。さつまいもや栗、かぼちゃなどを使ったスープや柿や梨を使ったスイーツづくりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

料理のお手伝いは食育にもぴったりです。成長するにつれて、子どもは何でもやってみたい!という意欲が湧いてくるものです。難しいメニューに挑戦しなくても大丈夫です。手軽に作れるものでかまいませんので、子どもと一緒に楽しみながら作ってみましょう。

2. 秋の草花や虫探し

身近な場所でも、少し足を止め地面を観察してみると、子どもがよろこびそうな木の実や色づいた落ち葉など、秋ならではの発見がたくさんあります。木の葉の色がどのように変わっているか?どんぐりやまつぼっくりがどのように枝についているのか?など、自然に触れる機会は子どもにとってとても貴重な経験になります。

工作が好きな子どもであれば、拾ってきた枯葉を大きな画用紙に貼り付けてみたり、紙袋に入れてマラカスにして楽しんでみるのもおすすめです。 料理をして余ったヘタや皮などを利用して、スタンプあそびをしてみるのもよいでしょう。

幼児期にたくさんの体験をさせてあげることは、子どものこころと脳を育むことにつながります。子どもの「感じる心」を育てることは、その後の「学び」につながります。「この子はまだ小さいから見てもわからない」などと思わず、季節ごとの花の匂い、枯葉の感触、動物の動く姿などをどんどん感じさせてあげてくださいね。

参考:室内遊び・外遊びが楽しい!こどもと一緒に『秋・秋休み』をめいっぱい楽しむ!|IROYA
   秋の行楽やイベントといえば?秋にしたいことや楽しめること|For your LIFE
   秋野菜でスタンプ遊び!|子どもと私が育つ!楽しむ!育児情報誌

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑