七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

絵本の世界に浸って開花する能力とは?【七田式親子あそび】

今日、11月30日は「絵本の日」です。『ナルニア国物語』や『ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)』の翻訳者としても有名な、児童文学作家・瀬田貞二さん(せた ていじ、1916~1979年)の『絵本論』(福音館)の初版が1985年(昭和60年)11月30日に発行されたことに由来しています。

絵本の日の目的は、「絵本の研究者・作家・出版社・書店・読者とともに絵本の魅力を伝え、絵本を通して子どもたちの感性を育て、個人と社会を結び、その教育的・文化的・社会的な活動を広めていくこと」となっています。

今回は、この絵本の日にちなんで、なぜ、絵本が子どもたちと社会を結ぶ役割を果たすのかについて考えてみましょう。

●絵本の読み聞かせのメリットとは

子どもにとって、社会の入り口となるのが家庭です。親子間では、絵本の読み聞かせはスキンシップの代表ともいえますよね。子どもは、膝の上に乗せてもらったり、背中をトントンされながら「語りかけられる」感覚が大好きで、絵本を読んでくれる人の愛情を感じ取っています

さらに、気持ちのいい「音」として耳に入ってきた「言葉」は「語彙」の蓄積につながります。語彙の蓄積がたくさんあることで、自分から言葉を発する自己表現を豊かにすることができます。社会に出るために必要な、自己表現力やコミュニケーション能力の基礎を絵本から吸収することができるのです。それだけでなく、文章力や読解力にもつながっていきますよ

また、「速読」の下地をつくることもできます。本を読むスピードが速くなれば、その分、本から得る情報の理解や情報処理能力の精度が高まります

このように「絵本の読み聞かせ」は自己表現力や読解力、速読力の基礎をつくる大切な行為です。いうなれば、絵本を読むことで社会に出たときに必要なコミュニケーション能力の基礎が培われるのです。ですから、本が嫌いにならないように楽しく、子どもが好きな本や読んで!というページを読んであげましょう。「ここはもう読んだでしょ。だから次のページね」と読み手主導になってしまうと、子どもは楽しくありません。同じ本を繰り返し読んでほしがったり、表紙を見るだけで子どもが満足するようなら、それでも十分です。

七田式では、1日に読む絵本の量を10冊を目標に、とお伝えしています。これは、物語を追う必要はなく、子どもが開いたページを読んであげるのでかまいません。ページ数も、10ページ程度の薄いもので十分です。繰り返しのフレーズが多いものであれば、なおよいでしょう。

●親子で空想の世界に浸ってみよう!

瀬田貞二さんは、「絵本論」のなかで次のように述べています。

“幼い子たちが絵本のなかに求めているものは、自分を成長させるものを、楽しみのうちにあくなく摂取していくことです。そして、これまでの限られた経験を、もう一度確認して身につけていく働きや、自分の限られた経験を破って知らない遠方へ———活発な空想力に助けられて、解放されていく働きを、絵本がじゅうぶんにみたしてくれることを求めます。いいかえれば、小さい子たちが絵本に求めているのは、生き生きとした冒険なのです。絵本は、手にとれる冒険の世界にほかなりません”

「絵本の世界に入ることで、空想し、楽しく自分を成長させられる」と絵本を「冒険」にたとえた瀬田さんの言葉。そこからは絵本の楽しさが伝わってきます。

今日は、親子でスキンシップをとりながら読み聞かせをしたり、大人も絵本を手にとり、童心にかえって空想の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

参考:絵本の日(11月30日 記念日)|雑学ネタ帳
「絵本の日」って知ってる? 11月30日は「絵本の日」!|絵本ナビスタイル

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑