七田式教室暁グループ|東京都の渋谷・三田・高田馬場・門前仲町・板橋・東武練馬駅前の幼児教室

新着情報

8月10日は山の日!登山だけじゃない、親子で山を楽しむ方法とそのメリット

2014年に新たに制定された「山の日」。今回は、親子で山やそのほかの自然を楽しむことで「できる子が育つ」理由を解説していきます。ぜひお子さんと一緒に、山でリフレッシュしてみてください。

●2020年の「山の日」は8月10日

山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨で2014年に制定、2016年から施行されました。通常は8月11日ですが、2020年はオリンピック・パラリンピック開催に合わせ、8月10日に移動されました。8が「八」で山の形に、11は木々の並んでいるように見えるとも言われています。

ほかにも、自然にちなんだ祝日・記念日として、海の日・空の日・川の日などがあります。それぞれの旬(特に自然が輝いていたり、美しく感じる時期)に合わせられているので、その日の頃に自然の中に出掛けて、ぜひ親子で五感を刺激してみてください。

●無理はしないで!親子で山に親しむ方法とメリット

通常、五感を使って生きている私たちですが、小さな頃にどれだけ多くの刺激を受けたかによって感度の質は変わってきます。例えば、「触感」は人間関係に欠かせない「感情」につながる大切な感覚です。

そのため、可能な範囲で親子で山に行ってみましょう。山の高い・低いや、登りきれるかどうかは重要ではありません。車で行って近くを散策してみたり、少しのハイキングをするだけでも十分です。自然の中で一緒に散歩すれば、五感は確実に刺激されます。

子どもが自分で歩いて、お父さん・お母さんと一緒に登山出来るのであれば、別の楽しみ方もあります。事前に地図で通るルートを、親子で確認するということです。ゴールへと向かう意識や思考力を高めれられるほか、道のりを分析することで情報を処理する力も伸ばせます

また、散歩は一定のリズムを持つ運動でもあります。リズム良く呼吸を繰り返すことで、セロトニン神経の働きを活発にします。このセロトニン神経は、こころのバランスを穏やかに保つので、キレない子どもになります

そしてなにより、子どもは外で親と遊ぶのが大好きです。遠出は難しいという場合には、近くを散歩してみてください。五感を刺激しつつ、子どものこころを鍛え、強くしてあげられますよ。

参考:「山の日」になる8月11日、「親子登山」のススメ|HUFFPOST
   2020年の「山の日」はいつ?覚えておきたい国民の祝日に制定された経緯|@DIME
   登山を再開するために。「登山 withコロナ」のリスクマネジメント【前編】 山に登る前に・準備にあたって|YAMAYA
   人混みを避け、子どもたちが体を動かせる場所を求めて…たどり着いたのはローカルな山登り!|LEE
   コロナに負けるな! 休校中の子供たちに日本自然保護協会が庭やベランダでできる自然観察ツールを無償公開!  Stay home with Nature!|PR TIMES

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
http://shichida.tokyo/experience/
————————————----━━━━★

↑